食い逃げちゃうのかい、お兄さん。

9/3は、ウナギの日でした。 モリーです。

やっと、投稿できた・・・だいぶ取材の日から時間経っているね。
一緒に取材に行った、お2人ごめんね~。

1.1.jpg

この日は、1時15分にUTに到着!!!
安田さんと感動の再会。涙ちょちょぎれ。
本日の取材は、鰻屋パーレーです。
前半戦は、私(モリー)とイチゴちゃん。
イチゴちゃんとは、初対面にも関わらずとっても楽しかったわ。
まず、取材にあたり様々な知識を教えてもらう、いちごちゃん。こっそり私も聞きました。
1.2.jpg
1.3.jpg

いざ、取材&散策!!!!!初YPチャリ!!!
このときを、どれほど待ち望んだことか~う・れ・し・いぃぃぃ!!!
すいすい~っとissa方面へと走り、安田さんに方向音痴そうな2人だな~と
言われたのはいつのことか!?と思うほど順調に疾走!!!!
途中「鳥すきやき ぼたん」や「けむり」「鮟鱇鍋」などなど新店数々発見さ。
ぜひ、YP本に追加したいな。
1.4.jpg
1.51.jpg
1.6.jpg
1.7.jpg

その中でも、イチゴちゃんは、カリー屋「トプカ」がとっても気になるご様子。
この前歯出過ぎのおじさんはトプカの看板おやじ。
メニューおいしそう、おじ様に人気、土曜日にも関わらず混んでいる、
という3ポイントクリアの素晴らしいお店でしたよ。
1.8.jpg
1.9.jpg


3時半過ぎに、神田駅前にある鰻屋「うな正」の
テイクアウトをオミヤに一旦UTへ帰還。
土曜は、3時半までテイクアウトOKなのだけれど、
運良く、噂の安くておいしい「うな正弁当」が買えました。
2.0.jpg
2.1.jpg
「よいしょ~、急がなきゃ~!」
2.2.jpg
「ウナギ、まっててね~」
*鰻嫌いなイチゴちゃんがとっつぁんの為に鰻を運ぶの図。


後半戦、「俺は、鰻が食べたい」と言っていた、とっつぁんが合流。
うな正オミヤ鰻丼¥500をガッツガッツ食べる。
安田さんの名案で、「ウナギを食べる」シリーズを展開。


         「うな正の変」
2.3.jpg
「いただきま~す」
2.4.jpg
すごい速さで食べ始める。
2.5.jpg
ウナギが光る☆
2.6.jpg
2.71.jpg
2.8.jpg
2.9.jpg
3.0.jpg
一休み・・・
3.1.jpg
食べ初めて10分弱・・・すでに残り僅か。早い!!!
3.2.jpg
かっ込んでいます。すごい食べっぷり。イチゴちゃんも終始ポカ~ンと見ていたよ。
3.3.jpg
「ごちそうさま!!!!」
3.4.jpg
食べた後に、飲料水のCMの如くゴックゴク伊右衛門を飲むとっつぁん
3.5.jpg
おいしかった、のポーズ
3.6.jpg
また飲む。
3.7.jpg
残骸。


3.8.jpg
このポーズ、題して「おいしそうだニャ~」


すごいショット撮ってしまった(笑)
なにはともあれ、きらりと光るシズル写真が完成!!!
とっつぁんは、すっかりシズル写りには欠かせない鰻デルモになっていたよ。
ほんとうにおいしそうに食べる! いちごちゃんも大絶賛!!



うな正を堪能した後、UT裏にあると~ってもお高い鰻屋「大江戸」へGO!!
お店の照明や客層が全てを物語ってたよ~・・・
初めは1品注文で乗り切るつもりが、あんまりにも注文とるお姉さんの目が怖すぎて、
「じゃ~どうする??」と2人に振ってしまう、小心者の私。反省。ごめんね、イチゴちゃんととっちゃん。
4.0.jpg
2本いかだ¥2700(土曜日限定サービス品)
4.1.jpg
ウナギがお重の中で、折り返している!!!!これには、びっくり!!
鰻が好きな私&もうすでにウナギ王の風格を漂わせているとっつぁん&鰻が食わず(!!)嫌いなイチゴちゃんですが、箸がスッと入る!、と尋常じゃない身の柔らかさと上品な味に感動!!さすが、いい値段なだけあるね☆

またまた、とっつぁんの「ウナギを食べる」シリーズ
       「大江戸の変」
u1.jpg
「いただきます。」
a2.jpg
a1.1.jpg
「箸がマジでなんの抵抗もなく身に入っていくよ!!」
a1.3.jpg
a1.2.jpg
a1.4.jpg
a1.5.jpg
a1.6.jpg
大江戸は、このような個室風客席でしたよ。4人までならウナギ密談できます。
a1.7.jpg
「ごちいそうさま!!!」


a1.8.jpg
お新香とお吸い物も鰻 に合っているの。
ウナギ地獄でかわいそうなイチゴちゃん、お新香はおいしそうに食べましたよ。
一番品位の高さを感じたのは、この肝吸い。とっても味がいい。
私は“肝”苦手だったけれど、おいしい!と感じたので、
肝嫌いの人でも食べられること間違えなし。

a1.9.jpg
そして、このお重のふたは見てわかるように大きさが微妙に違うの。
大きいほうは、私が食べた2本いかだ¥2700で、小さいほうは、
とっつぁんが食べたうな重¥2000のもの。
値段によって、はっきりとサービスのランクが変わっていることに何か少し江戸っ子を感じた。
(江戸っ子の解釈はいまだに曖昧なままだけど・・・)
お新香も2本いかだの方が一種類多かったことからも、またまた何かすごくこだわりを感じましたよ。

この取材では、鰻ひとつでこんなにもカラーが違うものか、と驚いた。
2店舗以上を一日で回って、お店のウリによって、味や求められるものが違くて、
お客さんもTPOでお店を使い分けているようにも感じました。
これは、比較することで感じられた気がするな~。

       長々と失礼しました。
       ☆お腹いっぱい☆
[PR]
by CET-YP | 2005-09-07 11:51 | モリー
<< うろうろ人形町 サッカー サッカー >>