カリーズカフェと新野さんのアトリエ

嘘つき・・・ぐすっ。


どうもしげるです。


S氏にガセネタをつかまされました。S氏というのはいつも赤いかばんを持っている人です。
S氏に
「カリーズカフェが移転するらしいよ~」
といわれたしげるは、せっかくYPが始動し始めたのに移転されては困ると思い、今日カリーズカフェに行ってきました。
e0039652_044315.jpg

いつ見てもオシャレな外観・・・
今日もイケメン店長がいましたよ~

イケメン店長をお忘れの方。この方ですよ~(この写真以前取材したときのです)
e0039652_0525643.jpg


今日は店員さん皆さんアロハシャツで何だか素敵でしたよ~
その写真も撮らせていただけばよかったと後悔・・・
まぁそんなこんなで店長さんに

「移転されるのですか?」と聞いたところ・・・・

「しないよ?」

「え・・・?」
S氏にだまされました・・・S氏といのはいつも赤いかばんを持っていてオレンジの自転車に乗っている人です。

まぁでもそのだまされたおかげでカリーズカフェで店長さんに会いに行け、さらにおいしいカレーも食べられました。(感謝)

さて、今日たべたカレーは・・・・
e0039652_101369.jpg

ロコモコ風バターカリーです。(¥750)
少し甘めのカレーで食べやすく、おいしく頂きました。お皿もオシャレ~
さらにハンバーグと目玉焼きも乗っているので、ボリューム満点。さらにサラダ付き。
プラス¥100すると飲み物もつきます。(お得~)
e0039652_110191.jpg

ほら、顔が満足そうでしょ☆ふふふ。


ほんとにここのカレーは種類豊富なので色々な味が試せます。
さらにここはカレー屋でありカフェなのでお茶も楽しめます!
周りを見るとカレー食べている人やお茶だけ飲みにきている人様々です。
さらに店内も綺麗なので何だかオシャレな気分でお食事もお茶も出来るし一石二鳥!

いや、一石三鳥か。

実際私も長居させて頂きました~
ご馳走様です。
さらに食後のコーヒーまで頂いて本当に幸せでした☆




さてその後はYPミーティングのため新野さんのアトリエに行ってきました。
新野さんのアトリエには新しい展示物が。。。。
素敵。。。。
新野さんってやっぱりすごいよね。何か作品の意味がとても奥が深くて考えさせれる。
そしてその考えを形にする新野さんはとてもすごいと思いました。
さらにそのアトリエにはカウンターバーが。。。。
e0039652_1171139.jpg

シミズさんがおいしいお酒を作ってくれましたよ~~~~シミズさんカクテル名人です。
ある意味ここのマスターです。(火曜日はマスターになってますよぉ~)
今度みんなで飲みに行こうよ!作品見ながらお酒なんて贅沢じゃない???




ちなみにS氏が気になっている方・・・・・ヒントは
赤いかばんを持っていて、オレンジの自転車に乗ってて、髪を束ねている人です。

さらにヒントは




写真の中にいます。(最後の)
S=シ                 ミズさん。

おいしいカレーとおいしいお酒が楽しめました~。
[PR]
# by cet-yp | 2006-06-07 01:30

え??双子じゃないの!??

文章担当さっぴです。遅ればせながら・・・
行ってきました、オリジナル家具屋さんのMOSHICA!!
オーナーの羽田さんは、CET05のオルタナ、旧川奈邸で写真展示をしていた
アーティスト、ハネさんのお兄さんなのです☆
MOSHICAの家具も共演してたのだよ!下の写真にあるSLEEP SOFA、
見覚えある人も多いのでは??オルタナ常駐中、お客さんからの評判も上々でした。

モシカしたら、こんな場所でも家具屋ができるのでは
モシカしたらできるかもしれない、というデザインをやろう
という想いが店名に込められたMOSHICA。
お気づきかもしれませんが、お店のマークもカモシカなのです…!
店内の改装も全て自ら手がけたそう。2階はご自宅。
大きな窓が特徴的で、両国らしからぬかわいらしい雰囲気に
通りすがる人みんながのぞいてゆきます(UT的なかんじがしました)

羽田さんは…弟さんに似てる!!「家具つくるの、たのしーよ」と
少年のような笑顔をみせてくれました。すっごくオシャレで優しくて気さくで、
とにかくステキな方です!!ていうかスキです(きゃ)

家具は、しっかりしたスタンダード・シックなデザインのものと
遊びゴコロがありつつも、実用性のあるデザインのもの、2つのコンセプトでつくられていて
それぞれの魅力が光ってます!!センスの良さがそこここに。
たとえば、絶妙なバランスの本棚(椅子の写真の下)
斜めになっているのは、なんと、ブックエンドがいらないというアイデアから!!
その下の写真はMAGAZO。象さんのマガジンラックです。
そんで噂のSLEEP SOFAは、茶色い立方体の一面にだけ板がついてるので
これがミニテーブルになってくれます。あーほしい。。。
相談に応じてオリジナル家具も作ってくれるそう。
両国にある行きつけの洋食屋さんの注文をうけたりと、
地域的な面でもアットホーム。両国だからこそ、の雰囲気もいい感じなのです。

それからそれから、指輪やピアス、手彫りの木の小物などなど
羽田さんお知り合いのアーティストさんたちの作品たちも販売しています。
これがぜんぶかわいいー!!モリーと2人できゅんきゅんしてました。

お金できたら絶対ここの家具を買おう、と心に決め
そして是非DMを送ってくださいとお願いし
当然自分のお気に入りのお店リストに追加したのでした
見るだけでも全然OKだから、老若男女問わずみんなに来て欲しい!とのこと。
まだまだ語りつくせないほど魅力たっぷりのお店!!
みんな、ぜひぜひ行ってみてーーー!!

ではモリーのステキな写真たちをどうぞ!ありがとうモリー☆

e0039652_18462175.jpg

                 MOSHICA
e0039652_18311523.jpg

e0039652_1846016.jpg

e0039652_18454391.jpg

さっぴ&モリモトとモシカお兄さん
e0039652_18515684.jpg

e0039652_18521699.jpg

e0039652_1847169.jpg



両国にある、手作り家具屋さん

e0039652_18325050.jpg

文章は、さっぴに任せて
私は、写真をバンバカ載せます。

e0039652_1834248.jpg


SLEEP SOFA(変動家具)
e0039652_18343829.jpg

e0039652_18352456.jpg

e0039652_18353968.jpg


MOSIHCAの家具
e0039652_18361586.jpg

e0039652_18363441.jpg

e0039652_1836478.jpg



MOSHICAのアクセサリー
e0039652_18372259.jpg

e0039652_1837389.jpg

e0039652_18375155.jpg

ライター素敵でしょ。
e0039652_18381555.jpg

レーベルも取り扱っているんです。
e0039652_18421229.jpg

e0039652_1857781.jpg

通りすがったシロネコ
e0039652_18391724.jpg


取材中
e0039652_18395418.jpg
e0039652_1840310.jpg

e0039652_18405789.jpg

e0039652_1841914.jpg

e0039652_18412385.jpg

e0039652_18445053.jpg

e0039652_1845465.jpg


e0039652_1843064.jpg

e0039652_18565225.jpg

e0039652_1859139.jpg




























ベストショット
e0039652_184314100.jpg

[PR]
# by CET-YP | 2005-12-18 18:59 | モリー

世界湯にダイブ


銭湯 銭湯 世界湯 銭湯

こんな寒い冬間近の夜は
銭湯に向かうしかないわけで

水天宮前から近いはずが
また当たり前のように迷い
歩く夜の道も
見付からない寂しさと共に
飲み屋から聞こえる声やら
八百屋で買い物するおばさんやら
とてつもなく
ぁあ良い場所だなと思うしかない


ナビヲークを駆使した決死の迷い道の結果
あの馴染みの電灯を見つけた

e0039652_2085390.jpg


e0039652_20245471.jpg


e0039652_2010211.jpg


玄関のひっそりと光る
女湯と男湯の文字に
やっと見つけた時の嬉しさもひとしおで
玄関のタイルの可愛らしさと
長年ここの住人なんだと言わんばかりの木の色

e0039652_20102975.jpg


e0039652_20105816.jpg


もちろん靴箱は56番を選び
靴をおさめてカタンと音さして
ガラス扉をガラガラと言わせたら
もう馴染みの客ばっかの銭湯

ジャラジャラと400円払って
おやっさんに挨拶したら
もう銭湯タイム


18番のロッカーを選び
いつもなくしちゃう鍵を
一番最初にロッカーにしまって
わたわたとお風呂の準備

途中思い出してトイレに向かう
少し外の気温に面したトイレは
紐をひく懐かしのトイレ
電気の場所が見付からず
真っ暗のトイレも
何だかそれも よしな気がした

バタバタな準備を終え
フジロックのタオルでお風呂に向かう自分は
確実に銭湯ROCK

馴染みの顔のケロリンと一緒に
座る緑色のやつももってく
初めて見る形のすごい斬新なデザインなイス
銭湯にちょっと合わなくておかしかった
お湯の高さと合わなくて結局タイルに直に座る
と回りを見渡すとみぃんな直座り
多分あの緑のやつはこの銭湯に要らない

カコンカコンとケロリンが鳴いて
銭湯ROCKも盛り上がる
自分のカコンとおばぁちゃんのカコカコンが鳴りあって
もうただただ噛み締めるしかないよね これ


序盤でたっぷり楽しんで
いよいよ浴槽へ

んーーーーーーー
はぁぁ

言わずとも出ちゃう声で
お風呂に感謝

ふぁーっと上を見上げると
天井がものすっっっっっごく高くて
びっくりした
最近結構いろんな銭湯行ってて
天井にさほど興味もたなかったけど
ここはいっちばん最初に気になった
全面水色に塗られた壁がぐあーっと天井まで上って
そこで三角になって合わさって
水色が黒くすすけてた

こんなに高い天井
なるほど
どうりでこんなにケロリンが響くわけだ


床のタイルもそういえば水色で
お風呂の長四角とあっててすごいカッコいい

男湯との境もひくくて
これは是非とも石鹸の投げあいや
[出るよー][はーい]
なんてやりとりをしなくては


と ゆ か 
ここ絶対映画[水の女]の舞台だ!
ものすごい似てる
あの朝の銭湯のこととか思い出して
ここ絶対朝の明るい時も気持ちいいて思った
はー そう 思うと なんだか ひどく切なくなって
壁の富士山をぼーっと眺めてしまった
右下の赤い文字の作者のサインが
すごいカッコ良くて なんだか ちょっと 可愛かった
富士山の絵も 水色の銭湯にすごいマッチする
青々とした 爽やかな富士山だった


45度のお湯は
熱すぎずぬるすぎず
でも入ってると確実に内部までおしよせてきて
いったん避難
で ぬるいお湯あびて一休みでまたぬるいお湯をと繰り返し
落ち着けたとこでまた入りにいく
今日は時間なくてあんま入れなかったけど
長湯出来ない分 ちまちま何度も
これゴロゥの銭湯スタイル
銭湯代払ってんだから
もとをとりたくなる
貧乏癖スタイル


二つお風呂があって
左は普通のよくあるお風呂
右は深めのお風呂
ぷくぷく泡が立つ お風呂で
立ったまま半身浴
半身? 三分の二身浴だな


中の写真が撮れなかったから
伝わりにくいと思うけど
逆にそれが 良いかも
だって すごい 良いんだもん ここ
ぜひみんな 行ってもらうしかない
てか 行こう!
そして あの境越しに 石鹸を投げ合おう!
30円のシャンプーとリンスも投げ合おう!
そして 瓶の牛乳を飲もう!


すっごい 気持ちよかった
水天宮前駅から葛西までの30分間の電車の中
いつまでたっても ほかほかしてて
なんか 自分だけ こんな 良いのかなとか思った
さっきまで 銭湯に入ってたなんて誰もしらなくて
てか さっきまで 銭湯にいた自分がおかしくて
少し 笑いながら 葛西へと向かうのでした


はぁあ
銭湯やっぱしいい
すごい きもちい

世界湯は 世界の湯だ!
ばんざーーーーーい!!!!

e0039652_20251971.jpg


外に出て 煙草をふかしながら
見上げたら
帰りの月もきれいでした
[PR]
# by cet-yp | 2005-12-08 20:21 | 56